BELLE COURT|トータテの分譲住宅ブランド ヴェルコートについて

movie
コンセプトムービー

concept
家づくりの理念

「ただいま」の数だけ、暮らしが育つ家。 「ただいま」の数だけ、暮らしが育つ家。

家は、住み始めた瞬間から育ってゆくもの。

この家で家族と過ごす日々の経過こそが、
本当の意味で暮らしの場としての「家」をつくってゆく。
この場所で様々なドラマが生まれ、思い出の一つひとつが「家」になる。

画一的な家ではなく、住み続ける中で家族の暮らしがより豊かに、より深まりゆく家を。

私たちトータテ都市開発は、これから住まう人々の幸せな未来を想像しながら、
一邸一邸に対してそんな想いで取り組んでいます。

家への愛着、育まれる家族愛。
柔らかく温かな未来が育つための工夫を詰め込んだ家、
それがトータテの分譲住宅ブランド「BELLE COURT」(ヴェルコート)です。

BELLE COURTのロゴマーク
BELLE COURTのロゴマーク

「ただいま」の数だけ、暮らしが育つ家。

2017年5月より一新されたBELLE COURT(ヴェルコート)のロゴマーク。

屋根の赤い曲線は、帰るのが楽しみになる「家路」。
その道のカタチに、暮らしとともに過ぎ行く「時の経過」を重ねて。

このロゴマークには『「ただいま」の数だけ、暮らしが育つ家。』
というブランドコンセプトに込めた
トータテ都市開発の家づくりの理念が詰まっています。

point
BELLE COURTの特長

POINT1

「暮らしが育つ家」としての
デザイン

例えば、自転車を持ち込める広々とした土間の玄関。例えば、明るくオープンな書斎スペース。例えば、外壁のアクセントウォールや植物の成長を楽しめる美しい植栽。これまでの画一的な分譲住宅のイメージを覆す、ご家族のライフスタイルの幅をより豊かに広げられる「個性」のあるデザインを。そんなデザインへのこだわりが、やがて家への愛着や日常のドラマのワンシーンになってゆく。流行やニーズを取り入れながら、過ごす日々とともに「暮らしが育っていく」家であること。トータテはそんな工夫を一邸一邸に注ぎ込んでいます。

イメージフォト01
イメージフォト02
イメージフォト03
POINT2

目立たないところにも
こだわる
思いやり設計

住宅の外観やインテリアのデザインはもちろん、目立たないけれど大切な「暮らしやすさ」の部分にも気を配ることがBELLLE COURT設計チームの強いこだわり。例えばコンセントの高さひとつにしても、低すぎる位置にあると埃がたまり火事の原因となる場合もあることから、使いやすく埃のたまりにくい最適の高さに配置しています。また、照明などのスイッチ類も大人から子供まで扱いやすい位置に設置したり、玄関の上がりかまちのラインには縦の手すりを取り付けるなど、この家で過ごすすべての人のことを思いながら丁寧に設計しています。

イメージフォト04
POINT3

トータテグループ
ならではの「安心」

BELLE COURTのすべてが食器洗浄機や浴室乾燥を標準装備のうえガレージや植栽などの外構つきでご提供。住宅購入時にかさみがちな追加費用の心配もなく、安心してすぐに新生活をスタートしていただけます。また、BELLE COURTの施工はグループ内の「トータテハウジング」が担当しています。工事やメンテナンスにまつわる記録や建物の詳細情報を一元管理することで、住まいのトラブルやご相談、各種お問い合わせの際に、より迅速かつ的確な対応が可能です。グループにはリフォームの設計・施工を専門とする「トータテリフォームセンター」も。10年・20年・30年先も、ずっと安心して住んでいただけるよう、責任を持ってご提供しています。

イメージフォト05
ページトップへ